栄養価の高い今が旬のカボチャとビタミンB(2 )を多く含む豚肉を合わせた料理を紹介します。お子さんには、チーズをはさみボリュームアップしてもいいですね。

 ●材料●(4人分)

カボチャ300グラム、豚肉(うす切り)16枚、塩・コショウ少々、カレー粉少々、マヨネーズ適量、パン粉適量、油適量、

ソースお好みで

 

 ■作り方■

 (1)1カボチャは種とワタを取り除き、くし形に約1センチの厚さに8枚に切る。皿に平らに並べ、ラップをして電子レンジで2分強加熱し(レンジの機種により時間を調整)、冷ましておく。(カボチャは少々硬めの方がよい)

 (2)豚肉は1枚ずつ広げ、塩・コショウ・カレー粉を振り(1)のカボチャ1枚につき2枚を巻きつける。(豚肉は重ならないように斜めに巻く)

 (3)(2)の全体にマヨネーズをつけ、さらにパン粉をつける。

 (4)フライパンに多めの油を熱し(3)を揚げ焼きにする。

 ※お好みでソースをかける。

 調理時間 約30分

 408キロカロリー 塩分0・6グラム

 ▼全農とちぎ・鈴木真弓さん(栄養士)のワンポイントアドバイス

 カボチャに多く含まれているβ−カロテンは、風邪に対する抵抗力を高める効果があります。ビタミンCも多く含み、β−カロテンと協働し、体内で発がん性物質が合成されるのを防ぎます。また、冷え性・肩こり・しもやけに効くというビタミンEが、野菜の中でトップクラスの含有量を誇るのも特徴です。このように、カボチャにはさまざまな栄養価があるので、夏からたっぷり食べることをお勧めします。