大豆は「畑の肉」と呼ばれるように、タンパク質、ビタミンB群、脂質などを多く含む栄養食品です。また、骨を強くする「イソフラボン」、便秘を防ぐ「サポニン」、脳の活性化が期待できる「レシチン」など特有の成分も含みます。

 今回はそんな大豆を、一晩水に浸すだけで簡単にできる料理をご紹介いたします。豆の存在が感じられる一品です。お好みにより、塩またはめんつゆなどでお召し上がりください。塩を振ったものは、お子さまにもおやつ感覚で食べていただけると思います。

 ●材料(2人分)●

【三色かき揚げ】

乾燥大豆50グラム、ネギ(輪切り)40グラム、桜エビ大さじ2(6グラム)、小麦粉大さじ5、揚げ油適量

【ゴマのかき揚げ】

乾燥大豆50グラム、黒ゴマ大さじ1、白ゴマ大さじ1、小麦粉大さじ4、揚げ油適量

【三色かき揚げ】

 ■作り方

(1)大豆を、一晩たっぷりの水につける。

(2)大豆をざるに空け、水気を切る。

(3)ボールに小麦粉、水大さじ5、(2)、ネギ、桜エビを加えさっくり混ぜる。

(4)フライパンなどに油を適量熱し(3)をスプーンですくい、170度ぐらいの油で揚げる。

193キロカロリー、塩分0.1グラム

調理時間20分以内

【ゴマのかき揚げ】

 ■作り方

(1)(2)三色かき揚げと同じ。

(3)ボールに小麦粉、水大さじ4、(2)、黒ゴマ、白ゴマを加えさっくり混ぜる。

(4)フライパンなどに油を適量熱し(3)をスプーンですくい、170度ぐらいの油で揚げる。

238キロカロリー、塩分0グラム

調理時間20分以内

 ▼調理のポイント

・大豆は水煮のものでなく、ぜひ乾燥大豆を使って水で戻したものをご利用ください。豆の食感が味わえます。

・かき揚げの具やゴマがない時には、豆だけを油で素揚げし、塩を振るだけでも美味しいですよ。