旧烏山町中心部に位置する「とりたて野菜直売所」は1975年のオープン以来変わらず、地元農家が朝採りした新鮮野菜などを提供し、地域住民に愛されています。常連客を中心に1日60人強が訪れます。商品の多くは午前中のうちに売り切れてしまう、人気店です。

 約50平方メートルのこぢんまりとした店内ですが、トマトやナス、キュウリ、カボチャ、ピーマン、ゴーヤー、ブルーベリー、花など、さまざまな品が所狭しと並んでいます。生産者約80人で組織するJAなす南青空市協議会の大窪金夫(おおくぼかねお)会長(78)は「店名の通り『とりたて』ですから、鮮度には特にこだわっています。多くの野菜は朝採って、すぐに店頭に並びます。基本的にはその日のうちに売り切ってしまいます。スーパーなどに並んでいるものの多くは、輸送に時間がかかり、収穫から2日ぐらいはたってしまいますから、鮮度はうちの方が抜群に良いですよ」と胸を張ります。小規模店舗ならではの生産者、店員、客の親密さも魅力です。「赤シソが欲しいんだけれど、明日、取っておいてもらえるかな」「イチジクが出始めたら教えてほしい」というような客の個別の要望にも可能な限りこたえます。

 直売所を担当するJAなす南の田代和大(たしろかずひろ)さんは「小さいお店ならではのフットワークの良さは、お客さまの満足度にアップにつながっています。お客さまと店員の会話の中から、新商品が生まれることもあります」と話します。

 同直売所はイベントにも力を入れていて、地域のお祭りや県庁などで開かれる催しにも参加し、自慢の野菜を販売しています。ほぼ毎日、自転車で10分ほどかけ来店するという神谷(かみや)チエさんは「新鮮でとにかく値段が安いので、毎日でも来てしまいます。お店の人との会話も楽しみで、日課です」と笑顔で話していました。

【所在地】那須烏山市初音7の8
【営業時間】午前8時半~午後1時
【定休日】祝日、年末年始、お盆、ゴールデンウイーク
【駐車場】約10台
【電話】0287・84・0731