「地元野菜にこだわって やさしい笑顔で待ってます」と書かれた大きな看板が目を引きます。JAなす南の「とりたて野菜直売所」は、1975年のオープン以来、地元農家の朝採りを中心とした新鮮野菜が地域住民に愛されており、まさしく「看板に偽りなし」の直売所です。

 約50平方メートルとこぢんまりした店内には、ナス、キュウリ、ジャガイモ、ダイコン、カボチャなど旬の野菜が並びます。

 「名前の通り『とりたて』ですから、鮮度ならどこの直売所にも負けません。朝採りした野菜は2日以上店に置かない方針で運営しています」。生産者約100人で組織するJAなす南青空市協議会の大窪金夫(おおくぼかねお)会長(76)は胸を張ります。

 2011年3月に発生した東日本大震災の影響で一時大きく落ち込んだ客足は、ようやく戻りつつあり、多い日には約100人の利用があるそうです。那須烏山市内に数多い直売所の中にあって「JAの冠がつく唯一の直売所」との自負が強く、「放射能関連の検査を徹底しており安全安心には自信があります。万が一にも何かあったらJAの看板に影響しますから」と言葉に力を込めました。

 買い物に訪れていた市内の主婦、村上啓子(むらかみけいこ)さんは、「ここは安くて新鮮です。特にカボチャがおいしいんですよ」と笑顔で話していました。

 同直売所ではイベントにも力を入れています。秋に県庁などで開催される「とちぎ“食と農”ふれあいフェア」に毎年参加しているほか、今年は市内の6直売所とともに東京世田谷区の夏祭りにも自慢の野菜を出品する予定です。

 来年はオープン40周年の大きな節目。大窪会長と副会長の阿久津修一(あくつしゅういち)さん(78)は「盛大に祝いたいので、何か新しいイベントを考えたいですね」と声をそろえていました。

【所在地】那須烏山市初音7の8
【営業時間】午前8時半~午後2時
【定休日】祝日、年末年始、お盆
【駐車場】約10台
【電話】0287・84・0731

[写真説明]新鮮な野菜が並ぶ「とりたて野菜直売所」
[写真説明]とりたて野菜直売所
[地図あり]とりたて野菜直売所