宇都宮市下小倉町の国道293号沿いにある「スカイマート上河内かみかわち農産物直売所」は、2008年3月にリニューアルオープンしました。1985年にオープンした後、会員となる生産者が大幅に減ったことで活動休止の状態が長らく続きましたが、消費者の要望もあって10数年ぶりに復活したそうです。

 運営するJAうつのみや上河内営農経済センターの大(おお)木(き)義之(よしゆき)センター長(58)は「生産者が気軽に出荷できる直売所が基本です。安全安心はもちろん、朝採りで出荷する新鮮さ、国道に面したアクセスの良さなどをアピールしたい」と言います。

 現在の会員数は約120人で、リニューアルオープン時の約80人から着実に増えています。売り場のスペースは決して広くありませんが、キュウリ、トマトなど旬の野菜、果物をはじめ、味噌(みそ)、漬物、パン、おにぎりなどの加工品、切り花といったようにラインアップは多種多彩です。

 毎月買い物に訪れるという、さくら市草川の原(はら)喜久子(きくこ)さん(74)は「どれも新鮮で安い。最近はスーパーでも売っていないプリンスメロンが、ここでは買えます」と笑顔でそう話します。2日前に買ったプリンスメロンがとてもおいしかったため、また足が向いてしまったそうです。

 同センターの木(き)村(むら)栄(ひで)夫(お)経済課長(50)は「今後、お客さんがどんな品ぞろえを望むのかアンケートなども検討したい。会員とお客さんとで一緒になって盛り上げる直売所を目指します」と意欲的です。

【所在地】宇都宮市下小倉町1218
【営業時間】(4月~10月)午前8時半~午後5時(11月~3月)午前8時半~午後4時
【定休日】火曜日
【駐車場】約40台
【電話】028・674・2164

 [写真説明]安全で新鮮な農産物を取り揃え、遠方からのリピーターも多い
 [写真説明]国道293号沿いにある、かみかわち農産物直売所