雄大な山々と鬼怒川を望む「JAしおのや塩谷地区農産物直売所(ふれあいの里しおや)」は塩谷町の最南端に位置し、町の南の玄関口として訪れる人の憩いの場となっています。

 年間23万人が訪れるという同農産物直売所の店内には、県下一の生産量を誇るスプレー菊や「おいしい」と評判のコシヒカリをはじめ、トマト、ナス、ヤーコン、サツマイモなどの季節の農産物のほか、まんじゅう、おにぎり、漬物などの加工品が常時70品目以上が並んでいます。

 運営を手掛ける同農産物直売所組合の大島幸雄(おおしまゆきお)組合長は「新鮮、安心な農産物を消費者に届けるのが直売所。毎朝、130人前後の地元生産者が取れたての農産物を直接搬入しています」と話します。組合では栽培履歴制度の整備や、組合員の生産技術を高めるために栽培講習会を年2回開催するなど、農産物の品質管理と質の向上に取り組んでいます。

 毎年4月と11月には「感謝祭」を開催し、来場者にもちや汁物を無料配布するほか、1000円以上の商品購入者を対象にコメなどの賞品が当たるくじ引きを行うなど、消費者と生産者との交流を深めるイベントにも力を入れています。

 併設する「尚仁(しょうじん)」は塩谷地区の農家の女性7人が運営するそば所。地粉を使った手打ちそばが人気です。みずみずしい香り豊かなそばを食べに、遠方からわざわざ来るファンも多い。地元の米や農産物を使ったおにぎり・天ぷらなどのメニューも充実し、農産物を買うだけでなく、その場でそのおいしさを実際に味わえるのも魅力です。

 町内屈指の観光スポットである全国名水百選「尚仁沢湧水(しょうじんざわゆうすい)」や緩傾斜地に群生するイヌブナの原生林などを訪れ、手つかずの自然を満喫した後に、この地で育った新鮮な農産物を手に取ってみてはいかがですか。

 [写真説明]豊かな土地で育った塩谷産の農産物が常時70品目以上並ぶ「塩谷地区農産物直売所」

【所在地】塩谷町上平7052 

【営業時間】8時半から18時(3、10月は9時から17時まで。11月から2月は9時から16時半まで)。年中無休(年始を除く)

【電話】0287・46・0477

農村レストラン「尚仁」

 【営業時間】午前11時から午後3時。第2・4・5水曜日定休 

 【電話】0287・46・0478