今回は、暑くて食欲のない時でも、のどごしがよく、さらさらと食べられる「オクラ入り冷や汁」を紹介します。オクラのねばねば成分の一つであるムチンには強壮の効果もあり、夏バテ予防やスタミナをつけたいときにぴったりです。

●材料●(2人分)
あじの開き 2枚
オクラ 8本
青しそ(細切り) 5枚
みょうが(輪切り) 1本
A水 600cc
A酒 大さじ2
塩 少々
みそ 大さじ1
めんつゆ(3倍濃縮タイプ) 大さじ3
白すりごま 大さじ2
冷やご飯 300グラム

■作り方

(1)あじの開きはグリルなどで焼き、頭、骨、皮を取り除き、身はほぐす。

(2)Aを沸騰させ、(1)の頭と骨、皮を入れ(写真※1)、中火で約5分間ほど煮てだしをとり、ざるでこす(写真※2)。

(3)みそはアルミホイルに薄く伸ばし、オーブントースターで表面に焦げ目が付くまで焼く(写真※3)。

(4)(2)でとっただし汁をボウルに入れ、(3)、めんつゆを加え、粗熱をとった後に、冷蔵庫で冷やす。

(5)オクラは塩を振り、板ずりをして、うぶ毛を取る。熱湯で色よくゆで冷水に取り、3ミリ幅の輪切りにする。

(6)(4)に(5)、みょうが、白すりごまを加える。

(7)冷やご飯に(6)をかけ、(1)のほぐし身、青しそをのせる。


1人前563キロカロリー

塩分 5.9グラム(汁全量) 調理時間 30分以内(冷やす時間除く)


▽鈴木さんのワンポイントアドバイス

・オクラをゆでる際は、たっぷりのお湯で、約2分間ゆでましょう。
・出来上がった冷や汁は冷水や氷を加えて塩分を調節しましょう。