新鮮な農産物がそろう「直売所」、フレッシュジェラートの「加工所」や、いちご狩り・野菜の収穫体験ができる農場まで、アグリタウン「花の停車場」は、旬の恵みを体中で満喫できるスポットです。

 アグリタウンは、JA佐野出資による農業生産法人・佐野観光農園が運営する複合施設で、中心施設のファーマーズマーケット「菜果(なか)な花(か)」には、近隣の生産者が丹精した農産物や、ジャム、ドレッシングなど同社オリジナルの加工品が並びます。

 同社の販売部長兼アグリタウン店長の早乙女裕史(そうとめひろし)さん(55)は「安全、新鮮で安いのは当たり前。お客さまにいかに満足していただけるか。また来てみたいと思っていただける魅力あるサービスをどんどん企画したいです」と言います。

 その一環として4月以降、「カード会員制」を充実させました。無料で入会の制限もなく、氏名と住所を登録するだけ。一般客では1000円買うごとに1ポイント加算ですが、会員ならば3ポイント。またお米の量り売りでも、全銘柄で1キロ当たり10円引きのサービスを実施しています。

 話題は口コミで広がり、会員数は3000人を突破。早乙女店長は「今後も会員向けのメリットを増やし、イベントを行うなど集客アップにつなげたい」と積極的です。さらに、毎週月曜日はJA佐野管内の直売所を持たない支店などに出向き、「移動販売」を行うなど認知度アップに向けて努力しています。

 例年約6万人が訪れるいちご狩りは、今月1日にスタート。80棟のハウスで5月中旬まで楽しめます。また、イチゴたっぷりのジェラート「とちおとめミルク」も大人気です。

【所在地】佐野市植下町802−4
【営業時間】午前9時半~午後5時半
【定休日】無休
【駐車場】最大200台
【電話】0283・20・5215

 [写真説明]会員サービスが充実した直売所「菜果な花」の店内

 [写真説明]アグリタウン「花の停車場」