「あぐ里っ娘」の愛称を持つ「いがしらフレッシュ直売所」は、県営井頭公園と真岡井頭温泉の東に隣接し、両施設を訪れた観光客や地元のリピーターなどでにぎわっています。同直売所には平日で平均250人、土日には平均550人の利用者が訪れ、今年4月のオープン以来、利用者は徐々に増えているといいます。

 店内には真岡市を代表するトマト、ナス、菊、ニラ、イチゴ、メロンをはじめ、タケノコ、ウドなどの旬の農産物が常時40品目以上そろっています。また、牛乳やハム、手づくりイチゴジャムなどの加工品も充実。今後は、JAはが野産の大豆を100%使用した豆腐の販売も予定しています。新鮮な農産物は毎朝、生産者自らが直接搬入。いずれも、同JAの生産者約160人が丹精込めてつくっているものです。

 同直売所の大(おお)田(た)和(わ)宗(そう)一(いち)店長は「私たちのモットーは消費者に良いものを提供すること。商品の品質管理と生産農家の意識向上には力を入れています」と話します。

 農産物は品目ごとに肥料の成分などを記した栽培履歴の提出を義務付けています。また、少しでも品質が低下した商品があればすぐに店頭から撤去するなど、徹底した安全管理と高品質な商品の提供にこだわっています。

 直売所内には調理施設があり、JAはが野真岡地区女性会の加工グループ「アグリ・ビーンズ真岡」が地元の食材を生かしたそうざいを提供しているほか、併設されたイチゴ農園では収穫期にイチゴ狩りが楽しめるのも特徴です。

 宇都宮市在住の片(かた)倉(くら)美(み)代(よ)子(こ)さんは「初めて来ましたが、農産物の鮮度が高く安いのがいいですね。地元で取れたものなので安心して購入できます。ぜひまた寄りたい」といいます。この日は、トマトや落花生、トウモロコシなどを購入していきました。

 毎週土日にはトマトやタマネギの詰め放題などの催しも実施しているので、温泉や公園での散歩を楽しんだ後に寄ってみてはいかがでしょうか。

 [写真説明]北関東自動車道真岡インターチェンジから車で約10分。週末には他県からの利用者も多い

【所在地】真岡市上大田和3006

【営業時間】午前9時~午後4時半。年中無休(年末・年始は除く)

【電話】0285・81・1141

【駐車場】大型車4台、普通自動車60台