2001年、農産物直売所をつくろうと有志が集まって「あじさい会」をつくったのが始まりです。02年にビニールハウスで農産物を売る直売所として始まりました。そして07年、広域農道の開通を機に「JAしもつけ とちぎ農産物直売所『よっとこれ』」としてオープンしました。新鮮な朝採れたばかりの農産物が店頭に並び、平日では1日平均200人が訪れます。
 同JAとちぎ農産物直売所部会長の松本一夫(まつもといちお)さん(64)は「安全な採れたて野菜がそろっています。冬は白菜、ダイコン、ユズなどが人気です。鍋の材料として買っていく人が多いですね」と話しています。
 年間を通じて人気なのは切り花です。手ごろな価格で売られており、お盆やお墓参り、仏壇に供える時などに買っていく人が多いそうです。
 渡辺栄三(わたなべえいぞう)副部会長(64)は「人気なのは花だけでなく、お総菜にも固定ファンがいますね。お昼におかずとして買っていく人も結構います」と言います。
 2大イベントはお盆と年末のセールです。今年の年末セールは29、30日の2日間で豚汁の試食サービスがあります。
 同直売所の新井康浩(あらいやすひろ)店長は「年末セールの豚汁はとても好評です。出荷する会員も募集しています。多くの人に利用してもらいたいですね」と話しています。

 
 

   【所在地】栃木市大宮町1419-5
 【営業時間】午前8時半~午後4時
 【定休日】年始とお盆、火曜日
 【駐車場】約20台
 【電話番号】0282・27・8555