渡良瀬川が育んだ湿潤な土地でトマトやイチゴ栽培などが盛んな足利市。JA足利では新鮮野菜直売所「あんあん」を4カ所で展開し、年間40万人以上が訪れています。今回紹介する「あんあん弥生」では、地元のソウルフード「ソースカツ丼」と「焼き芋」が人気です。 ソース文化が盛んな足利市では、カツをソースにひたしてご飯にのせたソースカツ丼が昔から愛されてきました。近所でテークアウト店「にしむら」を営む西村華代子さんが早朝から愛情込めて手作りしています。

 ソースは地元の月星ソースに、“企業秘密”の調味料を加えたオリジナルで、豚肉は国産もち豚のヒレ肉。お米は地元産を使用。「甘辛ソースで、昔懐かしい味に仕上げています」といいます。朝一で並べた商品はお昼ごろには完売することも。 このほか店内には、地元で採れた新鮮な野菜が並び、今の季節は入口付近の焼き芋コーナーからベニハルカの甘〜い香りが食欲をそそります。

JA足利 新鮮野菜直売所「あんあん弥生」

【営業時間】9:30~17:00
【定休日】年始、お盆
【所在地】足利市弥生町25
【電話】0284-40-1141