今春就農 農で人生に「うまみ」を

 今年、ニラで独立就農した塩谷町の八木澤康之さんの第一印象は〝農業の醍醐味を体現している〞。

 矢板市出身で大学の経済学部を卒業後、数社の営業畑を経験。仕事を見直す転機が訪れ、約5年前に親友のイチゴ畑に飛び込みました。

 JAしおのや青年部の盟友の全力での指導や応援に、農業の「つながり」の大切さを実感。恩返しを決意します。

 昨年結婚した妻の家業が米・ニラの栽培でした。ニラは今年から高品質多収性の本県誕生品種「ゆめみどり」に注力。年内中にビニールハウス7棟を増設し、ハウス内を保温するウオーターカーテンも順次導入予定です。

 

 「本県のニラ生産量は現在全国2位。青年部一丸で1位を取ります」。妻と考案した甘辛の「ニラだれ=写真=」をはじめとしたニラの加工品の商品化を目指し、町おこしの一端を担います。

 幼稚園での農業体験など地域貢献活動にも尽力。多忙でも定休日を決めて「愛妻」孝行は欠かしません。

 「指針は『農業人生に、美味いを』。うまいものを作り、人生にうまみを創る。こんなに楽しい仕事、他にないです」

 弾ける笑顔で農業の未来を照らします。