髙山良久さん(41)/ JAはが野

ニラの生産量アップを

 

 ニラの生産を始めて6年目です。それまでは15年間、すし職人をしていました。実家は農家ではなく、まったくのゼロからのスタートでした。新規就農したのは、家族の介護をしながら働ける仕事はないか、と探していたところ、農業なら自宅にいながら仕事ができると考えたからです。
 ゼロからのスタートですから、土地を借りるところから始めて、トラクターや機械などをそろえなければなりませんでした。新規就農者向けの補助金も受けながら、ニラの生産を始めましたが最初は失敗の連続でした。
 なんとかして高品質のニラを生産したい思いから、先輩のニラ生産農家などに飛び込みで聞きに行ったりしました。その先輩は、突然訪れた私に丁寧に教えてくれて「一緒に作業をやるか」とまで言ってくれました。そのことは今でも忘れられません。
 栃木県のニラは現在面積では全国1位です。生産量はかつて1位でしたが、2位になってしまいました。生産量1位となることに貢献できるように、若手生産者とつながりを深めながら高品質のニラを生産していきたいと考えています。