JAおやま野木支店に隣接する「野木農産物直売所」は30年ほど前から営業している歴史ある農産物直売所です。県内だけでなく茨城県からも買い物客が訪れています。1日約200人の買い物客が訪れる人気店です。

 野木町には2008年、国道4号近くに「のぎ松原大橋農産物直売所」がオープンしました。「野木農産物直売所」とともに地産地消の拠点として、こちらもにぎわっています。

 両直売所には生産者約80人が出荷しています。

 両直売所を管轄する舘野忠(たてのただし)利用部会長は「直売所は取れたての野菜をそのまま売る鮮度の良さが売りです。手頃なお値段で提供していきたいですね」と話しています。

 今年は長雨の影響で昨年に比べ、出荷量は少ないといいます。「10月に台風が二つも来たので、ホウレンソウなど葉物野菜は出荷が少なく、どの生産者も苦労しています。しかし、トマト、キュウリなど施設園芸の作物は人気です」と話します。

 イベントも年間通して行っています。人気なのは6月末の「トウモロコシ祭り」、9月末の「新米祭り」、12月には歳末大売り出しを行っています。これらのイベントは「のぎ松原大橋農産物直売所」でも行います。

 舘野利用部会長は「生産者が自宅でひいたそば粉も人気です。安心安全な農産物なので、多くの人に足を運んでもらい、味わってほしいですね」と話しています。

 【所在地】野木町中谷523の1
【営業時間】4月から9月は午前8時半から午後5時。10月から3月は午前9時から午後6時
【定休日】年始とお盆以外は無休
【駐車場】約50台
【電話番号】0280・56・0015