那須烏山市の中心部にある「とりたて野菜直売所」は、1975年にオープンしました。県内に数多くある直売所の中で、最も歴史のある直売所の一つです。

 オープン以来、地元の生産者が朝採りした新鮮野菜を提供し、地域住民に愛される直売所です。

 生産者約70人で組織するJAなす南青空市協議会の大窪金夫(おおくぼかねお)会長(78)は「高齢者の利用が多いですね。新鮮でお手頃な価格の野菜が人気なのでしょう、年々売り上げは増えています」と話します。一日平均して50~60人の買い物客が訪れます。

 季節の野菜が中心で、夏場はキュウリ、トマト、ナス、トウモロコシなどが並んでいます。切り干し大根、イモフライなど加工品もあります。

 中でもJAなす南のオリジナルブランドのカボチャ「みなみちゃん南瓜」や「中山かぼちゃ」は、ポクポクとした食感が人気です。

 とりたて野菜直売所は生産者や消費者など地域住民の交流の場にもなっています。生産者同士が野菜の作り方の情報交換をするなどおいしい野菜を生産するための研究の場にもなっています。

 生産者の田澤正利(たざわまさとし)さん(86)と阿久津修一(あくつしゅういち)さん(80)は「無農薬、減農薬で生産しています。安心して食べられます」とPRしています。直売所を担当するJAなす南の高野清(たかのきよし)さんは「小さいですが、地域に根付いた親しみやすい直売所です」と話しています。

【所在地】那須烏山市初音7の8

【営業時間】午前8時半~午後1時

【定休日】祝日、年末年始、お盆、ゴールデンウィーク

【駐車場】約10台

【電話】0287・84・0731