全国に名高いリゾート地・那須高原にほど近い高林産直会。駐車場には、観光客や那須高原に別荘を持つ人たちの県外ナンバーの車が目立ちます。1988年にオープンし、「那須高原における直売所の元祖」とも言われる高林産直会は、地元産の農産物に徹底的にこだわった伝統あるお店です。

店頭に並ぶ農産物は那須塩原市高林地区の生産農家に限定。オープン当時から運営に携わってきた同会の八木沢良一(やぎさわりょういち)会長は「直売所である以上は、とにかく地元産にこだわっていこうと取り組んでいます。品数の確保など難しい部分もありますが、会員の力を合わせ、お客さまの期待に沿える店づくりを目指しています」と力を込めます。

この時季はトマトをはじめ、からし菜、小松菜、ホウレンソウなどの葉物が充実。ヤーコンといった珍しい野菜を手掛ける生 者が多いのも特徴的です。手作りみそや地元産の小麦を使ったうどん、ブルーベリージュースなども魅力で、これからの季節はトウモロコシや梨、リンゴなども人気を集めます。観光で那須高原を訪れた埼玉県の女性グループは「これから観光なのに、いい物が安く売っているのでついつい買い過ぎちゃいました」と、笑顔があふれていました。

直売所を担当するJAなすの営農部の君島成忠(きみしまなりただ)さんは「栽培履歴の管理などを通して、食の安全安心に力を入れています。熱心な生産者が多く、アットホームな雰囲気あふれるお店です」とアピール。八木沢会長も「レジも産直会の会員が入っていますので、調理法などで疑問があったらどんどん聞いてください」と話していました。

本年度から繁忙期(7~11月)を除く毎月第3水曜日に、プレゼントデーを開催。500円以上購入した人に抽選で、農産物などが当たります。賞品がなくなり次第終了となるので、早めの来店がお勧めです。

【所在地】那須塩原市木綿畑452の1
【営業時間】午前8時半~午後5時
【定休日】木曜日(7~11月無休)
【駐車場】約40台
【電話】0287・68・1092