約20年前の農産物直売所オープン時から徹底して「地産地消」「鮮度」にこだわってきました。旬の農産物や、柚子をあんこと皮に練り込んだ「ゆずまんじゅう」など工夫を凝らした加工品が好評を博しており、県外にリピーター客が多いのも特徴です。

 近隣にゴルフ場が複数あり、お客さんがプレー前に買い物を済ませていく姿も見られます。オープンは午前7時からですが、それより早い時間であっても、農産物直売部会(会員・準会員約70人)の当番が懇切丁寧に対応しています。

 この時季は、大根、白菜、ホウレンソウなどの野菜のほか、農家の女性の手作りによる赤飯、まんじゅう、クッキー、プリンなどが大人気。「ゆずまんじゅう」には、「作り方を教えてほしい」との声が多く寄せられているそうです。

 東京都内から年に数回訪れるという男性客(65)は「何といっても野菜の鮮度が素晴らしい。スーパーなどの商品とは全然違います」と笑顔で話していました。

 同直売所ではお客さんへの感謝のイベントにも力を入れています。特に12月の歳末セールでは、一人でも多くの来場者につきたてのもちをプレゼントしようと一日に16回も行うもちつきが「名物」にもなっています。

 農産物直売部会の創設時から会長を務める永島義雄(ながしまよしお)さん(81)=佐野市船越町=は「お客さんが口コミで商品の魅力を伝えてくださり、新たなお客さんを増やしてくれています。本当にありがたいことです」とニッコリ。「これからもお客さんに喜んで買っていただけるよう、地産地消にこだわっていきたいですね」と意欲を示していました。

【所在地】佐野市戸室町671の3
【営業時間】午前7時~午後5時
【定休日】月曜日(祝日は営業)
【駐車場】50台
【電話】0283・62・7135

 [写真説明]新鮮さが人気で県外からのリピーター客も多いJA佐野三好農産物直売所
 [写真説明]JA佐野の三好農産物直売所
 [地図あり]三好直売所