JR日光線下野大沢駅近くの住宅街にある「JAかみつが大沢農産物直売所」は、オープンして約14年が過ぎました。「新鮮さ」「豊富な品ぞろえ」に加え、アットホームな雰囲気も魅力の直売所として地域住民に愛されています。

 店内には、会員約200人が生産する新鮮な農産物が並びます。特に旬のキュウリ、トウモロコシや、おこわ、まんじゅう、切り花など、100種類以上のラインアップを誇る夏場は、営業が始まる午前8時前から駐車場で待つ常連客も少なくないそうです。午前中、客足が途絶えることはめったにありません。トマトをまとめ買いしていた日光市内の主婦(63)は「毎日のように来ています。やはり新鮮な野菜は魅力です」と言います。

 店内では顔なじみのお客さん同士や、お客さんと直売所の女性スタッフ2人がフランクに言葉を交わす場面がたびたび見られました。オープン当初から勤務している阿久津(あくつ)美津子(みつこ)さんは「お客さんと野菜の食べ方を教え合ったりしています」と笑顔をみせ、「これからもお客さんと生産者をつなぐ役割を果たしたいですね」と意欲を示しています。

 このほか、毎年7月に地元の南原小児童を職場見学に招き、12月には「感謝祭」を開くなど、地域との絆を大切にしています。

 JAかみつが日光営農経済センター営農経済渉外グループの鷹箸倫哉(たかのはしみちや)さん(34)は、課題に会員の高齢化を挙げつつ「ぜひ若い生産者にも参加してもらい、地産地消、安全安心の品ぞろえを推進したい」と話しています。

【所在地】日光市木和田島1373の112
【営業時間】
(4月~10月)午前8時~午後5時
(11月~3月)午前8時半~午後4時
【定休日】年末年始を除き無休
【駐車場】14台
【電話】0288・26・3792


 [写真説明]「新鮮さ」が地域住民に好評
 [写真説明]大沢農産物直売所
 [地図あり]大沢農産物直売所