小山市の南端「美しが丘」などの新興住宅街の開発が進む間々田地区にJAおやまの直売所「グリーンセンター」があります。ちょっと変わったこだわりの農産物が並ぶ直売所として地域住民に浸透しています。

 5年前までは、同市東黒田の東部集荷場に隣接していましたが、農業資材などを扱うJAの購買店が1カ所に統合されたのを契機に、現在地の間々田支店隣に移転しました。農産物を搬入する利用部会員は81人となり組織力アップ。市内の広範囲から豊富な農産物が集まってきます。

 直売所利用部会副部会長の渡辺稔(わたなべみのる)さん(53)=小山市中久喜=は、「小山は、首都圏に近く、交通の便も良く、昔から園芸作物の生産が盛ん。その土地柄をアピールできるお店を目指しています」と言います。

 ネギ、キャベツ、レタス、白菜、キュウリなどだけでなく、茎の部分を食べるブロッコリーの「スティックセニョール」、表皮の真っ赤なダイコン「紅化粧」、鹿児島県種子島特産のサツマイモ「安納芋」など独特のラインアップ。「新しい発見」を楽しみに遠方から来店するリピーターも多いそうです。

 品物の陳列方法も、POPを多用するなどひと工夫。もう一人の副部会長・小野寺紀明(おのでらとしあき)さん(33)=同市西黒田=は、「地元密着型の直売所として、新興住宅地の皆さんにも親しまれるよう努力したいです」と抱負を語ります。

 12月28日から31日の午前中までは、年末恒例の特売セールを開催、毎年大にぎわいだそうです。

【所在地】小山市乙女3−7−36(間々田支店内購買店舗跡)
【営業時間】午前9時~午後5時(10月~3月)、午前9時~午後6時(4月~9月)
【定休日】無休(お盆、年末年始を除く)
【駐車場】30台
【電話】0285・45・4089

 [写真説明]ちょっと変わったこだわりの農作物が並ぶグリーンセンター。遠方からのリピーターも多い

 [写真説明]間々田支店に隣接するグリーンセンター


関連リンク