大平町下皆川にある「カインズモール大平」内に昨年5月に開店した「愛菜果(あいさいか)」は、大型商業施設内に店舗を構える県内初のインショップ形式の農産物直売所。全国でもあまり例を見ない形式ということもあり、他県からも関係者が視察に訪れるといいます。

 「スーパーの食品売り場と隣接しているので、お客さまの商品を見る目は厳しいですね。少しでも曲がっていたり味・質が落ちる商品は売れ残ってしまいます」と話すのは同直売所を運営するJAしもつけの熊倉幸男(くまくらゆきお)営農課課長。これまでの直売所のように、安全・新鮮な商品を安く提供するだけでは売れないといいます。「形や味といった品質以外に、パッケージや包装にもこだわっています。スーパーに負けない、レベルの高い商品を安く提供しているのが特徴です」。

 店頭に並べられた農産物は、同JA管内の会員108人の生産者が毎日搬入しているもの。厳しい品質管理の下、大平町を代表するブドウをはじめ、トマトやイチゴ、ダイコン、シイタケ、ハクサイなど年間100品目以上の農産物を扱っています。ブドウやトマトなどのうまみが凝縮されたジャムやジュースのほか、手づくりのまんじゅうなどの加工品も充実。きれいに包装されたジャムなどの加工品の一部は、都内の高級デパートでも販売されています。また、購入した玄米をその場で好みのすり加減に調整する「今摺り米」コーナーも利用者に人気です。

 1日の購入者数は平日約400人、週末には600人以上。「利用者が多く、営業時間も長いので常に商品を補充する必要があります。1年を通じて、商品の安定供給と多彩な品目を消費者に提供していくためにも、会員数をもっと増やしていきたい」と熊倉課長。

 今後はインショップ直売所の先駆者として、より効率的な運営方法を模索する一方で、一層の商品力の向上を図り、多くの利用者に喜ばれる直売所を目指していきます。

 [写真説明]良質な野菜や果物が並ぶ農産物直売所「愛菜果」。ジャムなどの加工品も豊富にそろっている

【所在地】大平町下皆川700 カインズモール大平店内

【営業時間】午前9時半から午後6時(土・日曜日、祝日は午後7時)まで。年中無休。

【電話】0282・45・1772