『チェロ奏者・宮田大さんの母宮田佳代(上)』はこちら

幼稚園で佳代さん(右)と記念撮影する竹馬に乗った大さん

 子どもと一緒にいられる時間は高校までと考えると18年間しかありません。そう考えると、できるだけチェロの練習には付き合ってあげたいと思っていました。その場にいて、聴くだけでもよいのです。

 音楽で必要とされるのは技術だけではありません。心を育てることも大切で、表現することや発想を膨らませてくれます。手探りでしたが、会話をたくさんする、感じたことを話し合いました。そしていろいろなことに興味を持ち、一緒に取り組みました。

 緩急をつけて、人との付き合いも大切にし、体を動かすことをしっかりしました。竹馬や一輪車、縄跳びと、よく一緒にやりました。泳ぎやスキーなどその季節でないと体験できないことも一生懸命しました。

 一人っ子なので、親は友人であり、兄弟にもならなければなりません。しかし子ども同士のコミュニケーションも大切だろうと、遠出する時は友達を誘い、一緒に過ごす喜びも得ることができました。私が仕事の時には生徒さんや知り合いに預けることもあり、そのご家庭のお子さんと過ごしていたので、わんぱくに一人っ子らしくなく育ちました。

 習い事はピアノを幼稚園の年中から小学4年まで、スイミングも年中から小学6年までやっていました。スイミングは通い始めの2カ月は嫌がっていましたが、継続は力なりで、小学5、6年生の時は学校で平泳ぎの選手に選ばれました。ほかにも、そろばんなどいろいろと習いました。

中学校ではバレーボール部に入った大さん

 中学ではバレーボール部に入部しました。本人の意思です。セッターで3年の時には部長も務めました。親としてけがをしないか心配でしたが、どっぷりつかって情熱を注いでいました。私は音楽ばかりでしたので、ご父兄と応援に行ったりして、勝負の大変さなどたくさん勉強させていただきました。今でも当時のご父兄とは仲良くさせていただいてます。息子も当時の友達とは今も会っているようで、音楽に関係なく話をして楽しんでいます。

 中学から倉田澄子(くらたすみこ)先生に師事し、都内にチェロを習いに行くようになりました。3年生の時に、桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会での指揮者小澤征爾(おざわせいじ)さんとの共演が決まった縁で、高校は桐朋女子高音楽科(音楽科は男女共学)に入学し、新幹線通学が始まりました。忙しく、最終の新幹線で帰宅する日々でしたが、充実した生活を送っていました。車で送迎するのですが、車の中で朝ご飯を食べることも多かったです。

 男の子の息子は私にないもの、考え方などを持っていて面白い存在です。子育てを楽しませてもらい、感謝しています。そして、今は息子のために演奏を聴きに来てくれる方へ本当に感謝しています。