ぶどうには果糖とブドウ糖が多く含まれています。ブドウ糖は体内に吸収されやすく、脳と体力の疲労回復に効果があります。

 ◇巨峰のプチケーキ◇カップでかんたん! 甘さ、香りギュッと凝縮

 ●材料● 6個分

巨峰6粒

薄力粉50グラム

バター(室温に戻す)50グラム

ベーキングパウダー小さじ1/2

砂糖50グラム

卵(Lサイズ)1個

アルミカップ(8号)6枚

 今回は、巨峰のデザートをご紹介します。巨峰の皮を、熱湯の中に入れることで、簡単にむくことができます。焼き上がりは、ブドウのさわやかな酸味が、カリッと甘く焼けたケーキに絶妙なアクセントとなり、後を引くおいしさです。また冷蔵庫で冷やせばブドウの甘みが全体に広がり、しっとりとした食感が味わえます。

 ブドウ果汁いっぱいのデザートをみなさんで、お召し上がりください。

■作り方■

(1)巨峰を沸騰した湯に入れ5秒ほどしたら取り出し、水につけ冷ます。(熱湯に注意!!)

(2)(1)の皮をむき、身の中ほどまで包丁を入れ、種を取る。※1

(3)(2)の皮を鍋に入れ、50ccの水を加え大さじ1くらいになるまで煮詰める。※2

(4)バターをボウルに入れ、クリーム状になるまでホイッパーでかき混ぜる。

(5)(4)に砂糖、卵を加えよく混ぜる。

(6)小麦粉とベーキングパウダーを振るい、(5)のボウルに入れ、木べらなどで混ぜ生地を作る。

(7)アルミカップに(6)の生地を大さじ1ずつ入れ、その中心に(2)のぶどうを1個ずつ乗せる。

(8)170度に温めたオーブンで(7)を6分ほど焼いたら一度取り出し、(3)の汁を巨峰の所に少量かけ、再び4分ほど焼く。

(ぶどうが紫色に着色されます)

1個 143キロカロリー 塩分 0.2グラム 

調理時間 30分

 ▽調理のポイント

・バターは室温に置き、指がスッと入るくらいまで柔らかくした状態のものを使用しましょう。バターを冷蔵庫から出してすぐ使う場合には、耐熱の器にバターを入れラップをして、レンジで20秒ほど温めましょう。(溶かしバターにならない程度に)

・(3)で煮出したぶどうの皮に水を加え加熱するとさらに色が出てきます。煮詰めたものにレモン汁を加えるときれいな赤い色に変わります。ぶどうの皮には、ポリフェノールが含まれているのでサイダーや、紅茶に加えてケーキと一緒にいただくのもいいですね。