那須高原への玄関口として多くの観光客が利用するJR那須塩原駅。1993(平成5)年、その駅の駅前広場で直売所を始めたのが「那須塩原西口産直会」です。当初は2張りのテントで週末のみの営業でした。

 現在は駅西口から約700メートルの距離にある「JAなすの東那須野支店」の敷地に店舗を構え、週6日営業しています。地域住民をはじめ市外からの常連客や観光客など、平日でも約150人が訪れます。午前8時半の開店を待ちわびて利用者が列を作る日もある、人気の直売所です。

 同会の和室静夫(わむろしずお)会長(63)は「新鮮で安心な地元の農産物を、少しでも安く提供できるように心掛けています」と話します。正会員26人、準会員17人の計43人が、地域で取れた野菜や手作りの加工品などを提供しています。

 近隣には大型スーパーも出店しており競争の激しい地区ですが「生産者の努力で、他店に負けない価格で提供できています」と和室会長は胸を張ります。週1回以上は利用する那須塩原市、会社員野中厚子(のなかあつこ)さん(49)も「おいしいのはもちろん、値段が安く四季折々の野菜がそろっているのが魅力です」と笑顔で野菜を手に取っていました。

 また、まんじゅうやシフォンケーキ、漬物などの加工品が充実しているのも同直売所の特徴です。特にオープン当初からある「かぼちゃまんじゅう」は、午前中で売り切れてしまう日も多い“看板商品”です。

 同会は直売所のほか、那須塩原市役所や同駅東口での移動販売も行っています。特に食料品店がほとんど姿を消した駅東口では、週2回の移動販売を待ち望んでいる住民も多いとのこと。和室会長は「待ちの姿勢の直売所だけではなく、自分たちから出ていく訪問販売にも今後も力を入れたいと考えています」と意欲的です。

【所在地】那須塩原市前弥六51
【営業時間】午前8時半~午後4時
【定休日】火曜日
【駐車場】約80台(JAなすの那須野支店と共用)
【電話】0287・65・3443

[写真説明]新鮮な野菜に加え手作りの加工品の人気も高い、那須塩原西口産直会
[写真説明]那須塩原西口産直会