万葉集にも歌われた三毳山のふもとという風光明媚な立地にも恵まれ、「花野果ひろば」には年間で約23万人が訪れます。岩舟町が観光農業の核として整備を進めてきた「いわふねフルーツパーク」(管理運営・株式会社観光農園いわふね)の中核的施設として、3年前にオープン。768平方メートルというゆったりとしたスペースに農産物直売所だけでなくジェラート・軽食の「レジーナ」、弁当・総菜のそろう「味彩」、天然酵母が売りのパン屋さん「る・ぱん」が軒を連ねます。

 直売所としての歴史は古く、1993年に始まった「JA岩舟町ふれあい直売所」が原点。その歴史を受け継ぎ、岩舟町内限定の生産農家約220人が直売部会に加盟し、常時50品目、多い季節は90品目がそろいます。部会員には1日4回メールが送信され、売れ行き状況が確認できる仕組みになっています。

 自慢は品数だけでなく、品質にもあります。月に2度ほど、役員ら検査員の厳しいチェックが入ります。自ら検査に当たる池澤正夫部会長は「生産者からは、厳しすぎるという声もありますが、お客さまの安心と信頼が何より大切ですから」と言います。

 月に2、3回は来るという大平町の大出ミツ子さんは「とにかく新鮮で、シイタケも菌床栽培でなく原木のものだし、切り花もとても安くていいですね。新装して買い物もしやすくなりました」。

 近隣には、県立みかも山公園、とちぎ花センターがあり、フルーツパークではナシ狩り、ブドウ狩りも楽しめます。また地粉100%の手打ちそばが味わえるそば処「円仁庵」もあり、家族連れでも1日中楽しめるエリアとなっています。

 [写真説明]いわふねフルーツパークの中核施設「花野果ひろば」。ゆったりとしたスペースで買い物もしやすいと好評

 [写真説明]花野果ひろばの外観

【所在地】岩舟町下津原1587(「いわふねフルーツパーク」内)

【営業時間】午前8時半~午後5時※11月~2月の冬季は午後4時半まで

【定休日】毎週月曜日※月曜日が祝祭日の場合は翌日

【駐車場】316台、大型車10台(フルーツパークと共用)

【電話】0282・55・5008