2019年からネギの生産を始めました。それまではゴルフ場のパート従業員などをしていましたが、知り合いから野菜作りを勧められて就農することにしました。夫の実家が米や野菜を作っていたので、トラクターなどの機械はありました。また農地も「休耕田などを使って」と言ってくれる人がいたことも就農への後押しになったと思います。
 1年間、ネギを生産してきて思ったことは体力を使う、ということです。もともと体を動かすのは好きでしたのでその点は苦ではありません。
 ネギは白い部分が長いのが良いとされています。そのためにはどうすればいいかを日々考えながら作業をしています。
 平日は私一人で作業をしますが、土曜や日曜、祝日は子どもたちや父母、義父母が手伝ってくれます。畑の耕起は夫がやってくれます。現在、生産しているネギは10種類近くあります。ネギは土地との相性があるので、土地にあったネギを見つけていきたいですね。また、ネギ以外の野菜にも挑戦したいと思っています。現在、80㌃の畑で作業をしていますが、面積も広げて、収穫量を増やしていきたいと思っています。
 ネギは面倒をみればそれだけいいネギができます。手間暇をかけて長く栽培していきたいと思っています。