気になる話題をアンケートで掘り下げる「子育てリサーチ みんなの声」、今回のテーマは「子育て中の家事分担」。無料通信アプリLINEの「はぐくもっと」と下野新聞ホームページで寄せられた回答(61人=男性4人、女性57人)を見てみると、家事分担に不満を持っている男性はゼロ、女性は半数以上という結果に。“家事ギャップ”について考えてみよう。

 

 

 女性の半数以上が「不満がある」と回答した家事分担。「頼んだことしかしてくれない」「(家事の進み具合を)チェックする方が大変」など、パートナーに“もう一踏ん張り”を期待するコメントが目立った。

 詳しく見てみると、共働き世帯の女性の方が片働き世帯の女性よりも不満を多く募らせているよう。寄せられたコメントの中にも「共働きなのに、家事や育児のほとんどを私がやっており、不公平」と本音が。そんな不公平感を解消するためか、共働き世帯の半数近くが夫婦で家事分担を決めている。

 一方の片働き世帯。「不満がある」割合も「家事分担を決めている」割合も共働き世帯より低めだが、「夫にやってほしいが、主婦なのでお願いしにくい」という複雑な思いを抱えている人は少なくなさそう。

 

 

 ▼ある程度、夫ができる内容をしてもらっていますが、今日はこれをやったが、あれをやっていない、用意が半端など、日によってブレて困ります。どれが終わっていて、終わっていないかをチェックする方が大変。やるならやる。もう少し、頑張ってほしいです。

 宮さくらさん(37)宇都宮市、主婦(長男小学1年、次男3歳)

 

 ▼具体的に何をしてほしいのかをリストにし、できるだけ感情的にならないように頼んでいます。そして任せたことには口を挟まないが鉄則です。本当に頼んだことしかしてくれませんが、そこは諦めて褒めます。

 テンパり母さん(36)小山市

 

 ▼実家が近くなので、夫が仕事で忙しい週末は実家に帰って、自分の親に息子のごはんや入浴をお願いしています。夫にも子どもの寝かしつけなどやってほしいですが、主婦なのでお願いしにくいです。

 M・Iさん(30)足利市、主婦(長男1歳)

 

 ▼共働きなのに、家事や育児のほとんどを私がやっており、不公平だと思う。でも夫の家事レベルが低く、やってもらっても私がやり直して、結局イライラするだけなので、頼む気も起こらなくなります。

 フーフーさん(39)宇都宮市、会社員(長男小1、次男3歳)

 

 ▼夫は息子と遊んだり、お風呂に入れてくれたり、進んで子どもの世話をしてくれます。子どもの相手をしてくれると、家事がはかどるので助かっています。

 M・Yさん(33)足利市、会社員(長男1歳)

 

 ▼遠回しに言わず、「これやって」と単刀直入に言うようにしています。多忙な夫の大変さを理解し、私ができると思ったことは頼まないようにしています。でも夫は自分でできることでも、すぐ私に頼んでくることが不満です。

 まゆおさん(47)栃木市、自営業(長男高3、長女高1、次女中2、次男小4)