今回は、旬のキュウリをたっぷり使ったレシピを紹介します。

 キュウリの歯ざわりと香りを楽しみながら、豚肉・卵・キャベツの栄養も効果的に取れる、夏にお勧め元気レシピです。冷蔵庫で十分に冷やしてお召し上がりください。

 ●材料(2人分)●

キュウリ(細切り)2本、豚モモ肉薄切り(細切り)180グラム、キャベツ(千切り)50グラム、卵2個、塩・コショウ少々、油適量、ソース(ウスターソース3:しょうゆ1)

 ■作り方

(1)細切りにした豚肉に、塩・コショウをふる。

(2)フライパンに油を熱し、(1)の豚肉をいためて皿に取り出す。

(3)卵をボウルに入れ、溶きほぐす。フライパンを火にかけ、油を薄く引き、熱くなったら卵を1/3の分量ずつ両面を焼き、3枚の薄焼き卵を作る。出来上がりを細切りにして錦糸卵にし皿に広げて粗熱をとる。

(4)キュウリは斜め薄切りにしてから、細切りにする。

(5)千切りにしたキャベツ、(4)のキュウリ、(3)の卵、(1)の豚肉の順番に盛り付け、冷蔵庫で冷やす。

(6)ソースを作り、お好みの量をかけてお召し上がりください。

 ※ウスターソースが辛い場合は、マヨネーズを加えてどうぞ。そのほか、ポン酢しょうゆでもおいしくいただけます。

390キロカロリー、塩分1.9グラム、調理時間30分以内

 ▼JA全農とちぎ鈴木真弓さん(栄養士) 調理のポイント

(1)生肉を細切りにするのは難しいですよね。そんな時は少し凍らせてから切ったり、豚肉を焼いてから切ると切りやすいですよ。

(2)薄焼き卵はフライパンを熱してから油を薄く引き、卵を流し入れ、急いでフライパンを傾けて薄く広げましょう。裏返す時は1度火を止めて、卵の端を持ち上げ、菜箸(はし)を差し込み、フライパンの1/3のあたりまで箸をくぐらせて持ち上げて、裏返して焼き、細切りにして錦糸卵を作りましょう。