野木町の地産地消の拠点施設である「のぎ松原大橋農産物直売所」。国道4号の友沼交差点に隣接する交通アクセスの良さもあり、地域住民はもちろん、茨城や東京、千葉など県外からの利用客で連日にぎわっています。

 地元農家でつくる生産部会(会員約130人)が常に新鮮な朝取りの野菜や果物を出荷しており、この時季はイチゴ(とちおとめ)、白菜、ネギ、ちぢみほうれん草などが充実。買い物に訪れていた小山市間々田の主婦・栗原麻子(くりはらあさこ)さんは「野菜のほとんどはここで買っています。新鮮で安いのが魅力ですね」と笑顔で話します。

 また、JAおやま産コシヒカリの「おやまブランド米 生井っ子」「うまかん米」「とびっきり」は県外の利用客にも人気です。女性会メンバーが作るみそなどの加工品や、12月~3月に販売しているシルクスイートを使った焼き芋も好評を博しています。

 「一人でも多くの方にリピーターになっていただきたい。そのためには、私たちが笑顔を絶やさずに接客することが一番大切だと思っています」と、パート従業員の寺内好子(てらうちよしこ)さん。5人のパートは常に利用客との密接なコミュニケーションを心掛けており、例えばそれぞれ自宅で試した漬物や煮物の作り方などを紹介しているそうです。「お客さんから調理法などを教えてもらうこともあり、本当に勉強になります。そうした普通のスーパーなどとは一味違った地域密着型の店づくりを進めていきたいです」

 直売所を担当するJAおやま販売課主任の石塚章(いしづかあきら)さんも昨年、食育ソムリエを取得しており「生産者の皆さん、パートさんと一丸となって安全安心、新鮮さに磨きをかけていきたい。今以上に品ぞろえを増やす努力もしていきたいですね」と意欲的です。

【所在地】野木町友沼4954の1
【営業時間】
▼10月~3月 午前8時半~午後5時
▼4月~9月 午前8時半~午後6時
【定休日】年中無休(お盆、正月を除く)
【駐車場】普通車約30台
【電話】0280・57・4721

[写真説明]新鮮さとスタッフの笑顔が魅力の、のぎ松原大橋直売所
[写真説明]のぎ松原大橋直売所