『【子育て最前線】早く 楽しく 安全に 目指せ!補助輪の卒業(上)』はこちら

 

 子どもが「早く」「楽しく」「安全に」自転車に乗れるようになるため、先週に引き続き自転車ロードレースチーム・宇都宮ブリッツェンの2人に補助輪卒業のこつを教えてもらう。前回は補助輪付き自転車にほとんど乗ったことがない小学2年生の男児(7)が、ペダルを外した自転車でバランスを取る練習に挑戦。少しずつ自転車に慣れてきたようだが、果たして自転車に乗れるようになれるのか-。

 

 「補助輪卒業プロジェクトの最大の目玉を紹介します」。コーチ役のチーム運営会社サイクルスポーツマネージメント取締役広瀬佳正(ひろせよしまさ)さんと堀孝明(ほりたかあき)選手が差し出したのは、なんとリュックサック。子どもが転ばないようにと親がハンドルやサドルを持って伴走する姿をよく見るが、親が支えてしまうと自転車に乗るために重要なバランス感覚が身に付かないという。そこでリュックを使って、子どもが自分でバランスを保つのをサポートする「マリオネット補助輪外し」がお勧めだ。

 小さめのリュックを背負い、緩まないようにベルトを調整する。前回行った、自転車にまたがって「けんけんぱ」の掛け声に合わせて両足で2回地面をキックしたら、足を浮かせて前進させる。この時に親は子どもの横を走って、足が浮いたタイミングでリュックを引き上げる。子どもの背負ったリュックを持ち上げて倒れないようにするには力が必要なので、特に女性は注意しよう。

 ポイントは自分でバランスが取れるよう、リュックを持ち上げる力を少しずつ緩めること。子どもが慣れてきたら、途中でリュックから手を離しても良い。

 安定してきたら、いよいよペダルを付けて練習だ。子どもは足にぐっと力を入れてペダルを「回す」ことに集中し、親はリュックを持って走行をサポートする。慣れていない場合は、まずは自転車を止めてペダルを回す練習をしよう。

リュックを背負わせ、自分でバランスを保てるように補助
慣れたら少しずつ手を離す

 しっかりペダルを回せるようになったらリュックともお別れ。子どもの背中に手を添えるような感覚でシャツをつまみ、途中でそっと手を離して1人でペダルをこぐ感覚に慣れさせる。

 練習開始からおよそ30分、最初は恐る恐る自転車にまたがっていた男児がすいすい自転車に乗れるようになった。想定より早い補助輪卒業に驚きながらも、広瀬さんと堀選手は「自転車は楽しい乗り物。ヘルメットをかぶって、交通ルールを守ってどんどん上達してほしい」と目を細めた。

 補助輪卒業までのプロセスをまとめた動画は、動画配信サイトYouTubeの宇都宮ブリッツェン公式チャンネルで配信中。この夏は、親子で楽しく補助輪卒業にチャレンジしてみよう。

 

幼児向けにはキックバイク

キックバイクを乗りこなすことは、補助輪外しの近道だ

 ペダルがなく足で蹴って走る幼児向け自転車・キックバイク(ランニングバイク)。自然とバランス感覚が身に付くためスムーズに補助輪外しに移行できるメリットがあるという。

 サドルは足裏が着くくらい低めにセットする。自転車と同様、(1)直線に沿って1歩ずつ歩くように進む(2)両足で小刻みに地面を蹴って真っすぐ進む(3)「けんけんぱ」の掛け声に合わせて両足で2回蹴った後に足を浮かせて前進する-といった練習を繰り返そう。

 (3)では子どもに小さめのリュックサックを背負わせ、足を浮かせた時に親がリュックを持ったりして背中を押してあげるとバランスを取りやすくなるという。子どもが自転車に乗る前の第一歩として、キックバイクを活用してみてはいかが。

LINEでお友だち登録をすると「はぐくもっと」から子育て情報を配信します