子育てについて振り返る由紀夫さん(左)と文子さん 

 文子さん 雅貴(まさき)たちのチームは立ち上げたばかりだったので、市内の大会ではなかなか勝つことができませんでした。その一方で、雅貴はスティックでボールを操る「リフティング」だけは負けたくないという思いがあったようです。毎日リフティングの練習を欠かさず行い、リフティングの大会では小学4~6年生で3年連続優勝できました。当時からボールの扱いは上手でしたし、その練習が現在に生きているのではないでしょうか。

プレーする高校3年生当時の雅貴さん

 由紀夫さん 雅貴たちは中学3年生の最後の大会で、初めて優勝することができました。関東大会に出場すると、雅貴のプレーを見た埼玉県の先生に「U-16日本代表の選考会に出てみたらどうか」と声を掛けていただきました。

 その後代表に選ばれたものの、高校受験と代表合宿の期間がかぶっていたこともあり、「合宿に行かない」と言い出しました。雅貴は将来のことを考えて勉強に励みたかったのだと思いますが、せっかくのチャンスを無駄にしてほしくないと説得して日本代表合宿に参加させたくらいです。

 文子さん 今市高でも友達に恵まれ、よくチームメートがわが家に集まって、試合のビデオを見ながら反省会を開いていました。この頃になると「もっと強くなりたい」「試合に勝ちたい」という思いが芽生え、ホッケーに対して積極的になっていました。

 立命館大に進学して親元を離れましたが、雅貴は私たちの姿を見ると安心するようで「試合を観に来てほしい」と言われたので、試合のたびに日本各地を訪れましたね。

 由紀夫さん 就職するタイミングでも、真面目で堅実な雅貴はホッケーを続けるかどうか迷っていた時期がありました。たまたま同時期に「リーベ栃木」が発足し、県内の企業に働きながらホッケーができる仕組みが整ったことで、大学卒業後もホッケーを続けることを決意したようです。

 本来であれば、今頃にはホッケー男子の東京五輪代表メンバーが決まり、本戦に向けて練習に励んでいる時期だったと思います。東京五輪の延期が決まってモチベーションを保つのは大変だと思いますが、メダル獲得の目標に向かって頑張ってほしいです。

 文子さん 健康で楽しく過ごしてもらうのが一番ですが、これからも何らかの形でホッケーに貢献していってほしいですね。