気になる話題をアンケートで掘り下げる「子育てリサーチ みんなの声」。今回は10月の消費増税で変わったことを聞いてみた。無料通信アプリLINEの「はぐくもっと」と下野新聞ホームページを通じて61人が回答。「ポイント還元事業」でキャッシュレス決済が増えた人が多いようだ。

 

 「キャッシュレス決済が増えた」と回答したのは75%。30~50代では約80%、60代以上では100%と世代間格差はさほど見られず、ポイント還元の恩恵がキャッシュレス化の“呼び水”となっていることが浮き彫りになった。

 「毎日のこととなると、ポイントで得られる額は大きい」「増税後の方が5%還元でお得感がある」などとポイント還元事業に歓迎の声が上がるが、「利用できる店舗がまだ少ない」という不満も。

 決済手段は8割がクレジットカードで、電子マネーとQRコードは5割弱。以前からキャッシュレス決済で使われてきたクレジットカードに軍配が上がった。6割の人は複数の決済手段を使い分けていた。

県内でもキャッシュレス決済対応の店舗が増えている=宇都宮市

 キャッシュレス決済の手軽さや便利さをメリットと捉える人がいる一方で、現金払いと異なり、いくら使ったのかが見えにくいため、抵抗感のある人や使い過ぎを心配する意見も目立った。中でも、最新の決済手段であるQRコードは、スマートフォン紛失時の不正利用を心配したり、種類の多さに戸惑ったりする人も少なくなかった。

 

ポイント還元事業の効果は? 「実感あり」3割どまり

 

 ポイント還元事業の効果は-。増税から約1カ月半後にLINEの「はぐくもっと」友だち登録者に緊急アンケートを行ったところ、効果を実感する人は3割にとどまった。期待が高かった事業だが、意外にも低めの結果。クレジットカードの利用明細や家計簿などをじっくりチェックして効果を感じるには、まだ時間がかかるのかもしれない。

 ▼どこのお店でポイント還元を受けられるのかがいまいち分からない。スマートフォンを使った決済だと、なくした時に悪用されないか心配です。

 ぷにゅぷにゅさん(39)宇都宮市

 

 ▼食料品を購入する際、消費増税前よりも増税後の方が5%還元になり、お得感がとてもうれしい。

 あけみんさん(62)小山市

 

 ▼キャッシュレス決済を推進している割には使えない店がまだまだ多いと思う。慣れれば便利でいい。

 かーこさん(54)大田原市

 

 ▼キャッシュレス決済に抵抗があります。クレジットカードを使ったときに何となくお金を使った感じがしないので、使い過ぎてしまわないか心配です。

 まるえりさん(30)下野市

 

 ▼店頭にキャッシュレス決済でポイントアップや還元サービスと掲示されていると得した気分になり、少額でも使用する機会が多くなった。レシートを見た時は驚きとうれしさがあった。

 チッチさん(51)足利市

 

 ▼だいぶ前からペイペイを利用していたママ友から、得した額を聞いて驚きました。出遅れてしまったなーと少し後悔しています。

 まりもさん(43)宇都宮市