東京商工リサーチは4日までに、地域の優良企業を紹介する学生向けの情報誌「ALevel(エラベル)2022年関東版」を発行した。本県の18社を含め、関東甲越の1都8県の211社を掲載している。大学や一部高校などに無料配布しているほか、県内の19書店や同社のネットショップで販売している。

本県を含む1都8県の優良企業を紹介した「ALevel2022年関東版」

 同社宇都宮支店によると、各企業のPRや学生の就職活動のサポートが目的で、「Aレベルの会社を選べる」を編集のコンセプトに掲げる。同社の企業信用調査で評点を付与する152万社を対象に、経営者能力や成長性、安定性など100点満点の評価で55点以上の全国上位8・1%のうち、関東甲越の一部企業を掲載している。今回は1万6千部を発行した。

 A4判フルカラーの496ページで、499円。企業のトップに事業戦略や仕事へのこだわりを聞いた「経営者インタビュー」や183社の「優良企業ガイド」、2期連続の増収・増益企業の増収率ランキングなどを掲載した。

 同支店の担当者は「各地の中小企業にも優良企業はたくさんある。『Aレベル』の会社の経営者とともに成長してほしい」と学生にエールを送る。(問)同支店028・635・6022。