県経済同友会は7月6日、日光市の日光金谷ホテルで県内経営者と大学生の交流を兼ねた「リレー講演会」を開く。両者の接点を増やし企業について理解を深めてもらうことで、県内への就職を後押しする狙い。

 同会の30周年記念事業として、会員向けに実施しているセミナーを初めて学生にも開放する。製造業やサービス業、農業などのさまざまな事業の経営者と、県内外の大学生らがそれぞれ約50人ずつ参加する予定。

 当日は参加者がともにホテルで昼食を食べた後、経営者5人が講演する。登壇するのは、金谷ホテル(日光市)の嶺康夫(みねやすお)会長、カナメ(宇都宮市)の渡部渉(わたなべわたる)会長、光陽電気工事(宇都宮市)の飯村慎一(いいむらしんいち)社長、トヨタウッドユーホーム(宇都宮市)の中津正修(なかつまさし)社長、栃木銀行の小林辰興(こばやしたつおき)相談役。経営の志や苦労話などを披露するほか、学生らと意見交換する。参加無料。(問)同会028・632・5511。