【いつ】5月31日
【どこで】鹿沼市上南摩(かぬましかみなんま)小
【だれが】3~6年生11人
【学んだこと】新聞のつくり、新聞ができるまで、スクラップのやり方など
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】5年 増山怜紗(ましやまれざ)君(11)「新聞の専門(せんもん)用語や読み方など詳(くわ)しく教えていただき、とても勉強になった。スクラップでは、大好(だいす)きなホークスの今宮選手(いまみやせんしゅ)の記事を探(さが)して感想を書けたので楽しかった。これから夏休みまで野球の記事を集め、スクラップ作品作りにも挑戦(ちょうせん)してみたい」
 5、6年担任(たんにん) 広瀬哲(ひろせさとる)先生(58)「下野(しもつけ)新聞が栃木県民(とちぎけんみん)に伝(つた)えたい記事を掲載(けいさい)していることなど、プロの方の説明(せつめい)は具体的(ぐたいてき)で非常(ひじょう)に分かりやすかった。スクラップで大半の子が身近な自然(しぜん)に関(かん)する記事を選(えら)んだことで分かるように、本校の児童(じどう)は視野(しや)が狭(せま)いところがある。新聞を読んで社会に目を向け、いろいろなことに関心(かんしん)を持ってほしい」

 [写真説明]スクラップのやり方などを学んだ上南摩小の児童たち