【いつ】7月17日
【どこで】大田原市佐久山(さくやま)小(堀内直美(ほりうちなおみ)校長)
【だれが】4~6年生46人
【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品作り
【講師(こうし)】政経(せいけい)部 小口華奈子(こぐちかなこ)
【ひとこと】6年・伊藤苺花(いとうもか)さん(11)「日本の文化が大好(だいす)きなので、みんなにその良(よ)さを伝(つた)えようとテーマにした。記事を探(さが)すのが大変(たいへん)だったけれど、色の使い方などを考えてまとめるのはとても楽しかった。次はもっと分かりやすいよう、文化のジャンルごとに飾(かざ)り付(つ)けを工夫(くふう)して作りたい」
5年担任(たんにん)・薄井健太(うすいけんた)先生(29)「普段(ふだん)何げなく読んでいる新聞だが、スクラップでさらに読む意欲(いよく)が湧(わ)き情報(じょうほう)を整理、活用する力が養(やしな)われることが分かった。最初(さいしょ)は苦労(くろう)していた児童(じどう)たちも、徐々(じょじょ)にやる気に満(み)ちた表情(ひょうじょう)で頑張(がんば)っていた。アイデアいっぱいの作品から、授業(じゅぎょう)では分からない子どもの意外な一面を垣間見(かいまみ)ることができて良(よ)かった」

[写真説明]スクラップ作品作りに挑戦した佐久山小の児童たち