■高根沢町西小

【いつ】12月1日

【どこで】高根沢町(たかねざわまち)西小

【だれが】5年生79人

【学んだこと】新聞ができるまで、新聞のつくり、新聞の割(わ)り付(つ)けなど

【講師(こうし)】編集局整理部(へんしゅうきょくせいりぶ) 小林治郎(こばやしじろう)

【ひとこと】今平乙葉(いまひらおとは)さん(11)「新聞が、深夜(しんや)に作られているということを知って驚(おどろ)いた。社会科で作った新聞と実際(じっさい)の新聞では、作り方が全(まった)く違(ちが)うことが分かった。知らせたいニュースの記事(きじ)を大きくするなど、レイアウトの工夫(くふう)はこれからの新聞作りに生かせそう」

平山勇輔(ひらやまゆうすけ)先生(38)「実際に新聞に触(ふ)れ、新聞の役割(やくわり)や作り方を学んでもらおうと受講(じゅこう)した。新聞に触れる機会(きかい)の少ない児童(じどう)も、興味深(きょうみぶか)く紙面(しめん)を読んでいた。児童(じどう)たちが熱心(ねっしん)にメモを取(と)っている様子(ようす)が印象的(いんしょうてき)だった。新聞を通して、相手(あいて)に事実(じじつ)や思いが伝(つた)わる文章力(ぶんしょうりょく)や読解力(どっかいりょく)を養(やしな)い、自分の意見(いけん)を持(も)てるようになってほしい」

[写真説明]新聞ができるまでなどを学んだ高根沢町西小の5年生