■鹿沼・清洲第二小

【いつ】6月2日

【どこで】鹿沼(かぬま)市清洲第二(きよすだいに)小

【だれが】5年17人

【学んだこと】新聞のつくり、記事の書き方、記事の読(よ)み比(くら)べ

【講師(こうし)】政経部(せいけいぶ)記者 伊沢真一(いざわしんいち)

【ひとこと】稲本飛鷹(いなもとひょう)君(10)「新聞のつくりを具体的(ぐたいてき)に教えてもらった。読み方もよく分かったのでこれからは毎日、新聞を読むようにしたい。記事は書く人によって書き方が違(ちが)うことに驚(おどろ)いた。記事の大切な部分がどこか学んだので、記事を読んだ感想を書く学習に生かしたい」

5年担任(たんにん) 箕輪典子(みのわのりこ)先生(55)「新聞のつくりの知識(ちしき)が深まった。書き手の意図によって記事の書き方が違(ちが)うことも理解(りかい)できた。今回を機(き)に、子どもたちが作る新聞紙面が充実(じゅうじつ)することを期待している」

[写真説明]読み比べの新聞記事を一生懸命読む清洲第二小児童