【宇都宮】食の業界への就職を志す学生などを対象にした就食応援プロジェクト「職Bar(場)に行こう!」が3月2日、江野町の下野新聞NEWS CAFE(ニュースカフェ)で開かれる。

 食に携わる企業で組織する「とちぎ食の業界ブランド向上委員会」が主催。対象は、大学や短大、専門学校を2019年度か20年度に卒業見込みの学生。

 参加企業は学校給食や社員食堂などを運営するイートランド、食材卸会社のニッカネ、日本栄養給食協会、ファームアンドファームの4社で、社長や幹部が出席。業界のプレゼンテーションや意見交換を行う。キャリアコンサルタントの阿久津正晴(あくつまさはる)さんによる特別セミナーも開かれる。

 同委員会担当者は「飲食業というとホールスタッフのイメージが強いが、配送や学校給食など多彩。気軽な雰囲気での交流を通し、食の業界への興味を醸成したい」としている。

 午後2~6時。参加無料。服装は自由。事前予約が望ましいが、当日も受け付け。(問)同委員会028・610・1755(サムナイトサムシング内)。