県内を中心に23病院が集まった合同就職説明会「看護職就職ガイダンス」(下野新聞社主催)が3日、宇都宮市駒生町のとちぎ健康の森で開催された。来春卒業予定の看護学生や再就職を目指す看護師ら約130人が参加した。

 「看護師国家試験対策セミナー」などの後、参加者が各病院のブースを自由に巡る個別ガイダンスが行われた。参加者は各病院のパンフレットを手に、仕事内容や給与などの説明を熱心に聞いていた。友人と参加した館林高等看護学院2年の落合拓也(おちあいたくや)さん(20)は「就職先をイメージするために参加し、いろんな話を聞くことができた」と話した。