【いつ】7月4日
【どこで】大田原市宇田川(うだがわ)小
【だれが】4~6年生61人
【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品(さくひん)作り
【講師(こうし)】デジタル編集班(へんしゅうはん) 臼井義隆(うすいよしたか)
【ひとこと】6年 弓座帆乃夏(ゆみざほのか)さん(11)「タイトルなど、色遣(いろづか)いを工夫(くふう)してまとめるのがとても楽しかった。米朝首脳会談(べいちょうしゅのうかいだん)のニュースを新聞やテレビで見て、行方(ゆくえ)が気になったので記事(きじ)を探(さが)した。まだどうなるか分からないが、世界(せかい)のためにいい方向(ほうこう)に進(すす)んでほしいと思うので、コンクールに出す作品(さくひん)もこのテーマを追(お)い掛(か)けて作ってみたい」
 5年担任(たんにん) 鈴木将志(すずきまさし)先生(40)「活字離(かつじばな)れが叫(さけ)ばれる中、初(はじ)めて新聞に触(ふ)れた子もいたと思うが、みんな夢中(むちゅう)になって取(と)り組(く)んでいて、新聞に親しみを持(も)ついい機会(きかい)になった。サッカーW杯(はい)など同じテーマでも、児童(じどう)によって何に興味(きょうみ)を示(しめ)すかが違(ちが)い、個性(こせい)が表(あらわ)れていたのが面白(おもしろ)かった」

 [写真説明]スクラップ作品作りに挑戦した宇田川小の児童たち