【いつ】5月23日
【どこで】壬生(みぶ)小
【だれが】5年生92人
【学んだこと】記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)、記事の読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】くらし文化部 根津知広(ねづともひろ)
【ひとこと】佐藤千花(さとうちか)さん(10)「5W1Hを考えてリード文を書くと、とても分かりやすい文章になることを丁寧(ていねい)に教えていただき、これから自分が新聞を作る際(さい)に役立つと思った。新聞への興味(きょうみ)も深まったので、これからいろいろなジャンルの記事を読みたい。視点(してん)の違(ちが)いで記事が全然別(ぜんぜんべつ)の形になることも初(はじ)めて知り、とても勉強になった」
 黒子孝佳(くろこたかよし)先生(37)「文章を書くことに苦手意識(いしき)を持つ生徒(せいと)が多い中、5W1Hを意識することで読む人に伝(つた)わる文章の書き方を理解(りかい)できたのではないか。私自身(わたしじしん)も今後の指導(しどう)に大いに参考(さんこう)になった。誰(だれ)もが知っている昔話が題材(だいざい)だったので、子どもたちも意欲的(いよくてき)に学習していたと思う」

 [写真説明]記事の読み比べなどを行った壬生小の5年生たち