新型コロナウイルス感染拡大の影響で将来に不安を抱える大学生を支援しようと、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク(宇都宮市)は19、26日、7月3日の計3回、新しい働き方を考えるオンライン講座を開く。参加者を募っている。

 同法人が4~5月に県内の大学生らを対象に新型コロナの影響を調査したところ、就職活動や進路への不安や悩みが多く寄せられたことから企画。19日は「今こそ考えたい、地方・地元で働く」、26日は「就活しないキャリア選択」、7月3日は「ウィズコロナ時代を生き抜く社会人になるには」をテーマに、社会人などのゲストが仕事に対する思いなどを話す。

 ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を活用して開く。時間はいずれも午後8時から。定員は各20人程度。無料通信アプリLINEの同法人公式アカウントから申し込む。(問)同法人028・612・1575。