■那須中

【いつ】4月27日


【どこで】那須(なす)中学校


【だれが】2年生62人


【学んだこと】新聞作りの計画、記事(きじ)の書き方、新聞の割(わ)り付(つ)けなど


【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)


【ひとこと】畠山連人君(はたけやまれんとくん)(13)「とても楽しく、新聞のことを学ぶことができた。普段(ふだん)何げなく読んでいる新聞が、読者(どくしゃ)に分かりやすく、読みやすいようにといろいろ工夫(くふう)して作られていることが分かった。記事の大きさを変(か)えることや見出しを目立たせることなど、教えていただいたことを生かして、多くの人に読んでもらえるような新聞を作りたい」


菊池美和(きくちみわ)先生「東京遠足について新聞にまとめる参考(さんこう)にしてもらおうと受講(じゅこう)した。生徒(せいと)たちが皆(みな)、新聞のメニューづくりや割り付けのワークに真剣(しんけん)に取(と)り組(く)んでいたのが印象的(いんしょうてき)だった。今後修学旅行(しゅうがくりょこう)などでも、今回学んだ視点(してん)を意識(いしき)した新聞作りをさせたい」

[写真説明]新聞の割り付けなどを学んだ那須中の2年生たち