【いつ】1月28日
【どこで】県立今市工業高(大崎逸夫(おおさきいつお)校長)
【だれが】1年生138人
【学んだこと】新聞の読(よ)み比(くら)べ、メディアリテラシーなど
【講師(こうし)】デジタル編集班(へんしゅうはん) 佐藤友佳(さとうゆか)
【ひとこと】建設(けんせつ)工学科 大関紅葉(おおぜきくれは)さん(16)「新聞はどれも中身は同じようなものだと思っていたので、会社によって主張(しゅちょう)が全然違(ぜんぜんちが)うということに驚(おどろ)いた。これまで新聞は、スケートなど好(す)きなスポーツの記事を読むくらいだったが、少し興味(きょうみ)が湧(わ)いたので、まずは社会の動きを伝(つた)えるような記事を読んで勉強したいと思う」
柳田梨里(やなぎだりり)先生「実際(じっさい)の記事を比較(ひかく)することで、生徒(せいと)たちは新聞によって論調(ろんちょう)やニュースの捉(とら)え方(かた)が違(ちが)うことを実感できたと思う。各(かく)メディアの長所短所やリテラシーの基礎(きそ)も教えていただいたので、それを踏(ふ)まえて上手(じょうず)に情報(じょうほう)を得(え)る努力(どりょく)をさせたい」

[写真説明]新聞の読み比べなどを学んだ今市工業高の1年生たち