■那須烏山・烏山小

【いつ】5月20日

【どこで】那須烏山市(なすからすやまし)烏山小

【だれが】4年生84人

【学んだこと】新聞のつくり、記事(きじ)の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】二藤部由真(にとうべゆま)さん(9)「普段(ふだん)から新聞を読んでいるので、すらすら記事(きじ)を読むことができた。浦島太郎(うらしまたろう)の物語(ものがたり)から5W1Hを探(さが)し出(だ)すのが難(むずか)しかったけれど、リード文が簡単(かんたん)に作れたので楽しかった。文章(ぶんしょう)の書き方や新聞のことがわかって良(よ)かった」

佐藤裕司(さとうゆうじ)先生(42)「4年生なのでまだ新聞を全部(ぜんぶ)読むのは難(むずか)しいが、どのような流(なが)れで記事(きじ)を読むかを丁寧(ていねい)に説明(せつめい)していただき役(やく)に立った。見出しの付(つ)け方(かた)も、非常(ひじょう)に勉強(べんきょう)になったと思う」

[写真説明]記事の書き方などを学んだ烏山小の4年生