■大田原・川西小

【いつ】6月24日

【どこで】大田原(おおたわら)市川西(かわにし)小

【だれが】4年33人

【学んだこと】新聞のつくり、記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など

【講師(こうし)】教育支援部(しえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】松原実花(まつばらみか)さん(10)「桃太郎(ももたろう)の話を分かりやすく伝(つた)えるために、みんなで桃太郎(ももたろう)の5W1Hを考えたのが楽しかった。見出しを分かりやすく付(つ)けるのは難(むずか)しい。新聞の読み方や記事の書き方は今まで分からなかったが、授業(じゅぎょう)で分かったので、これからは家でも新聞が読めそう」

4年担任(たんにん) 大木一浩(おおきかずひろ)先生(34)「子どもたちが取り組みやすい桃太郎(ももたろう)を題材(だいざい)に、記事の書き方など学べた。新聞を通して子どもたちには、活字に触(ふ)れる機会(きかい)を増(ふ)やしてほしい」

[写真説明]新聞記事の見出しを考える川西小児童