■小山・寒川小

【いつ】11月14日

【どこで】小山(おやま)市寒川(さんがわ)小

【だれが】4年11人

【学んだこと】新聞のつくり、割り付け、見出しの付け方など

【講師】教育支援部(きょういくしえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】増山柊花(ましやましゅうか)さん(10)「見出しの大切さや、割り付けの方法がよく分かった。テレビでは分からなかったアべノミクスや消費税(しょうひぜい)の詳しいことが分かるなど、新聞は見れば見るほど面白(おもしろ)いものだった。もらった新聞を、家に帰って家族で読んでみたい」

4年担任 沢田洋子(さわだようこ)先生(42)「見出しの付け方やリード、5W1Hを活用(かつよう)した文章(ぶんしょう)の書き方など、基本(きほん)を詳(くわ)しく学べた。各教科(かくきょうか)で作る新聞では、知らせたいことが読み手に伝わるように作ってほしい」

[写真説明]割り付けの練習をする寒川小児童