■佐野・天明小 

【いつ】7月4日

【どこで】佐野(さの)市天明(てんみょう)小

【だれが】4年47人

【学んだこと】新聞の役割(やくわり)、見出しの付け方など

【講師】くらし文化部記者(ぶんかぶきしゃ) 杉山演(すぎやまひろむ)

【ひとこと】柴崎駿斗(しばざきはやと)君(10)「新聞のクイズや見出しを考える問題(もんだい)は難(むずか)しかったけど、楽しかった。一日分の新聞をつなげるとすごく長くてびっくりした。僕(ぼく)も新聞を作る機会(きかい)があったら、教(おそ)わったことを忘(わす)れないで作りたいと思う」

4年担任 井上啓太(いのうえけいた)先生(29)「児童(じどう)たちは一生懸命(いっしょうけんめい)話を聞き、作業(さぎょう)も頑張(がんば)った。新聞に触(ふ)れ、興味(きょうみ)を持って授業(じゅぎょう)を受けられたと思う。4年生が読める漢字(かんじ)は限(かぎ)られているが、今後は語彙力(ごいりょく)を養(やしな)い新聞をもっと読めるようになってもらいたい」

[写真説明]一日の新聞をつなげた長さに驚く天明小児童