見出しを考える/日光市今市第三小

【いつ】6月26日

【どこで】日光市今市第三(にっこう いまいちだいさん)小

【だれが】4年生82人

【学んだこと】記事の書き方、見出しの付け方など

【講師(こうし)】整理(せいり)部記者 小林裕行(こばやしひろゆき)

【ひとこと】神山泰介(かみやまたいすけ)君(9)「新聞記者は毎日取材で遠(とお)い所へ行って大変な仕事だと思った。見出しを考える問題が難しかったけれど、新聞社の人は全部考えて作っているのですごいと思った」

 星匡親(ほしただちか)君(9)「新聞記事には5W1Hが必(かなら)ず入っていることや、逆三角形のつくりで大切なことは最初(さいしょ)に書かれていることが分かった。見出しを考える問題(もんだい)が難しかった」

 [写真説明]説明に耳を傾ける今市第三小の4年生