県経済同友会は7月5日午後1時半から、東京都千代田区の都道府県会館で、「栃木大会議」と題してサマーセミナーを開く。企業経営者ら会員と首都圏に住む学生らが意見交換し、本県で働くことなどを考える。

 会員向けのサマーセミナーを都内で開くのは初めて。大学生ら学生や若手社会人計50人程度の参加者を募集している。県内出身者のほか、本県で働くことに興味がある人を対象とする。

 本県での暮らしや仕事についてグループワーク(午後3時20分から)での率直な意見交換を通じ、Uターン就職などを考えるきっかけにしてもらいたい考え。軽食や飲み物を用意し、交流会も開く。県内企業は30社程度が参加する予定。

 またこれらに先立ち、ウェブ会議システムを販売するブイキューブ(東京都)の間下直晃(ましたなおあき)社長が、若者の働き方をテーマに講演する。参加無料。(問)事務局のNPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク028・612・3341。